ぜん息

気管支ぜん息

出題例

アスピリン解熱作用が強いが、重大副作用ぜん息発作誘発がある
薬剤師国家試験 90 129非ステロイド性抗炎症薬NSAID)))

セラトロダストは、トロンボキサンA2受容体遮断することにより、抗ぜん息作用を示す。
プロピオン酸フルチカゾンは、吸入で使用される抗ぜん息薬である。
薬剤師国家試験 88 137

プランルカスト水和物は、ロイコトリエン受容体拮抗作用を有し、即時型及び遅発型ぜん息発作抑制する。
薬剤師国家試験 84 128

アトピー体質の人は、環境アレルゲンに対してIgEを介した反応を起こしやすいため、ぜん息発症する可能性がある。
ぜん息では、気道炎症部位から放出されるケミカルメディエーターによって、粘膜浮腫気道筋攣縮などによる気道狭窄がおこる。
ヒスタミンアセチルコリン吸入によって、ぜん息発作誘発される。
感染によるぜん息発作では、細菌よりもウイルス感染により重篤発作誘発される。
薬剤師国家試験 84 189



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-25 (日) 03:53:30 (5206d)