アルガトロバン水和物

商品名:スロンノン(第一三共)、ノバスタン(田辺三菱)ほか

出題例

アルガトロバン特異的抗トロンビン薬であり,抗血栓作用を示す。 (薬剤師国家試験 87 143

アルガトロバンは、トロンビン活性中心選択的作用し、トロンビン失活させる。 (薬剤師国家試験 89 138

アルガトロバンは、 トロンビン選択的阻害し、 血小板凝集抑制する。 (薬剤師国家試験 91 138)

アルガトロバンは、プロスタノイドIP受容体を刺激し、 血小板凝集を阻害する。 (薬剤師国家試験 93 142

その他

DSU200

ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)況拭僻症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止に使用する場合〉 「本剤の投与開始から10分程度で活性化全血凝固時間(ACT)を測定し、術後4時間まではACTが250〜450秒となるように持続投与量を調節すること。患者の状態により、術後4時間以降の抗凝固療法の継続の要否を判断するが、その後も抗凝固療法の継続が必要な場合は、0.7μg/kg/分に減量後、適宜APTT(aPTT)を測定し、APTTが投与前値の1.5〜3倍程度となるよう持続投与量を適宜調節し、目標とする範囲に達した後は1日に1回APTTを測定すること。」

「本剤のクリアランスが低下している肝機能障害のある患者に対して術後4時間以降も抗凝固療法が必要な場合は、0.2μg/kg/分に減量するなど注意すること。APTTが目標とする範囲に達するまでは、適宜aPTTを測定し、目標とする範囲に達した後は1日に1回aPTTを測定すること。」



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-24 (木) 13:42:47 (2890d)