エバスチン

商品名:エバステル錠5、錠10、OD錠5、OD錠10(大日本住友)

分類 :抗アレルギー薬ヒスタミンH1受容体拮抗薬

DSU204(2011年11月)

相互作用 追記
「本剤は、主として代謝酵素CYP2J2及びCYP3A4で代謝される。〔「薬物動態」の項参照〕」

併用注意 追記
イトラコナゾール〔臨床症状・措置方法:本剤の代謝物カレバスチンの血漿中濃度が上昇することが報告されている。 機序・危険因子:カレバスチンの代謝が抑制されると考えられる。〕」
リファンピシン〔臨床症状・措置方法:本剤の代謝物カレバスチンの血漿中濃度が低下することが報告されている。 機序・危険因子:カレバスチンの代謝が促進されると考えられる。〕」
〈参考〉 橋爪孝典:Progress in Medicine 2003;23(1):282-287
Hashizume,T.,et al.:J.Pharmacol.Exp.Ther. 2002;300(1):298-304



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-17 (木) 14:23:56 (3230d)