シトクロムP450

薬物代謝酵素の一つ。

同義語:CYP肝シトクロムP450チトクロームP450

出題例

アンチピリンは大部分がシトクロムP450によって代謝されるため、健常人に比べ肝硬変患者では血中消失半減期延長する。
薬剤師国家試験 88 153

1つの薬物が、シトクロムP450に対して誘導作用阻害作用の両方を示す場合がある。
2つの薬物を同時に投与したとき、同一のシトクロムP450分子種代謝される場合には、薬物相互作用原因となることがある。
薬剤師国家試験 89 153

エリスロマイシンは,シトクロムP450CYP3A4)の代謝活性阻害するため,カルバマゼピン血中濃度上昇する。
薬剤師国家試験 87 151

真菌性肺炎フルコナゾールを用いる場合、シトクロムP450活性阻害による薬物相互作用注意が必要である。
薬剤師国家試験 90 190

呼吸不全では、動脈血酸素分圧低下により、シトクロムP450による薬物代謝活性が低下する。
薬剤師国家試験 89 161

喫煙シトクロムP450誘導を引き起こし、プロプラノロール代謝亢進することがある。
薬剤師国家試験 90 160



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-19 (月) 15:23:47 (2891d)