ソラフェニブ トシル酸塩

商品名 :ネクサバール錠(バイエル)

薬効分類:抗悪性腫瘍薬分子標的薬剤チロシンキナーゼ阻害薬

出題例

その他

DSU200

重大な副作用 一部改訂および追記
劇症肝炎肝機能障害黄疸肝不全肝性脳症: 劇症肝炎、AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇を伴う肝機能障害、黄疸、肝不全、肝性脳症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には本剤を減量休薬又は投与中止し、適切な処置を行うこと。なお、肝性脳症は主に肝細胞癌又は肝硬変のある患者において報告されているので、これらの患者に投与する際は、意識障害等の臨床症状を十分に観察すること。

出血性腸炎、虚血性腸炎: 出血性腸炎、虚血性腸炎等の重篤な腸炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、激しい腹痛下痢血便等の症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-22 (火) 10:02:14 (3263d)