デフェラシロクス

商品名 : エクジェイド懸濁用錠(ノバルティスファーマ)

輸血による慢性鉄過剰症(注射用鉄キレート剤治療が不適当な場合)

出題例

その他

DSU207

「高度(Child-Pugh分類クラスC)の肝機能障害のある患者への投与は避けることが望ましい。なお、中等度(Child-Pugh分類クラスB)の肝機能障害のある患者では、開始用量を約半量に減量すること。」

「本剤は主にUGT1A1及びUGT1A3により代謝されるので、本剤の血中濃度はUGTに影響を及ぼす薬剤により影響を受ける可能性がある。
本剤はCYP3A4の弱い誘導作用を有することから、CYP3A4で代謝される薬剤の血中濃度を低下させる可能性がある。また、本剤はCYP1A2及びCYP2C8の阻害作用を有することから、CYP1A2又はCYP2C8で代謝される薬剤の血中濃度を上昇させる可能性がある。」

「レパグリニド〔臨床症状・措置方法:健康成人に本剤を反復投与後にレパグリニドを併用投与した場合、レパグリニドのAUCが131%、Cmaxが62%増加したとの報告がある。 機序・危険因子:本剤のCYP2C8阻害作用により、レパグリニドの代謝が抑制されると考えられる。〕」



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-29 (水) 13:49:23 (2793d)