プロトンポンプ阻害薬

プロトンポンプ阻害薬

略称:PPI (Proton pump inhibitor、プロトンポンプインヒビター)

壁細胞にあるプロトンポンプ作用し、胃酸分泌抑制する

関連項目:胃潰瘍十二指腸潰瘍プロトンポンプH+,K+-ATPase

日本で発売されているもの

出題例

H.pylori除菌療法としては、プロトンポンプ阻害薬テトラサイクリン系マクロライド系抗菌薬胃粘膜保護薬アモキシシリンによる3剤併用療法が標準となっている。
薬剤師国家試験 88 192

その他の例は下記リンク先へ

PPI抗血小板薬の併用について(臨床薬理、Jpn J Clin Pharmacol Ther 42(6) Nob 2011 特集

急性冠症候群に対するカテーテル治療およびステント留置術での抗血小板薬(アスピリンクロピドグレル)およびPPIの併用での薬物相互作用

クロピドグレルおよびPPICYP2C19の代謝影響を受けるため。 CYP2C19遺伝子多型が存在。また頻度は白人に比べアジア人で多い。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-25 (水) 14:58:14 (2828d)