塩酸セレギリン

商品名:エフピー (帳簿管理対象)

1日1回2.5mg朝服用からスタート、維持量を決定。レボドパ含有製剤と併用

警告:
三環系抗うつ薬と併用しないこと(作用増強)
1日10mg以上使わないこと(MAOB選択性が下がり、非選択的にMAOを阻害するため)

出題例

(パーキンソン病治療薬)塩酸セレギリンは、B型モノアミン酸化酵素MAOB)を特異的に阻害し、レボドパの効果を増強する
薬剤師国家試験 89 125

塩酸セレギリンを含有する製剤覚せい剤覚せい剤原料である。
薬剤師国家試験 87 113

その他

DSU203(2011年10月)掲載

禁忌 一部改訂

ペチジン塩酸塩、トラマドール塩酸塩を投与中の患者〔高度の興奮精神錯乱等の発現報告されている。

相互作用・併用禁忌 一部改訂

なお、本剤の投与を中止してからトラマドール塩酸塩の投与を開始するには少なくとも14日間の間隔を置くこと。またトラマドール塩酸塩から本剤に切り換える場合には2〜3日間の間隔を置くこと。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-05 (水) 15:14:32 (2963d)