癌 がん

出題例

抗癌剤処方された患者への服薬指導では、まず、告知がされているかどうかを患者確認する
薬剤師国家試験 89 231

食道癌危険因子には、タバコアルコールなどがある。
わが国では、食道癌病理組織学的腺癌が多く、また男性よりも女性好発する
早期進行がん胃癌の肉眼的分類ボールマン分類Borrmann)がある。
早期胃癌とは、浸潤粘膜粘膜下層にとどまるものをいう。
早期胃癌には、内視鏡的治療を含めた外科的治療が行われる。 (薬剤師国家試験 89 196

がん疼痛治療としてモルヒネの服用を開始した患者が吐き気を訴えたので、メトクロプラミド投与必要性医師に伝えた
薬剤師国家試験 90 230

食道がん扁平上皮がんが多く、胃がんでは腺がんが多い。
食道進行がんは、肉眼的形態分類により、ボルマン1〜4型に区別される。
食道がん胃がん初期治療は、薬物療法に限られていない。
血中α-フェトプロテインAFP)値とPIVKA-II値は、肝がん腫瘍マーカーとして利用される。
喫煙や熱い飲食物などの刺激は、食道がん危険因子である。
薬剤師国家試験 87 195

告知患者から、処方されている抗悪性腫瘍薬について聞かれたときには、処方医相談なしに詳しく説明できない。
がん疼痛のある患者麻薬頓用処方されている場合には、できるだけ我慢する速やかに申し出るように告げる。
緩和医療では、患者への心理的支え、疼痛除去を重要視しなければならない。
「患者に何を話すか」より「患者から何を聞くか」という姿勢が大切である。
薬剤服用患者自己決定権の範囲であるので、患者が自らの判断で一部の薬剤しか服用していなくても、特に注意する必要はない
薬剤師国家試験 87 238

肺癌治療薬について)
塩酸イリノテカン作用発現には、代謝活性化必要しない
小細胞癌非小細胞癌では、抗癌薬に対する感受性が異なる。
シスプラチンは、小細胞癌治療に用いられる。
化学療法時の副作用として生じる嘔吐には、セロトニン5-HT3受容体遮断薬が用いられる。
喫煙は、扁平上皮癌小細胞癌危険因子である
薬剤師国家試験 89 195

(末期癌患者の薬物療法)
リン酸コデイン塩酸モルヒネの作用は、ペンタゾシン塩酸ブプレノルフィンの併用により減弱することがある。
作用の強い麻薬性鎮痛薬を使用すると、患者の生存期間を短縮させる恐れがあるので用いない方がよい
末期癌の持続性の痛みには、塩酸モルヒネ頓服が合理的である。
癌患者の疼痛緩和を目的に使用する塩酸モルヒネは、副作用習慣性及び退薬症候に注意する必要があるため、投与量の上限が設定されている
塩酸モルヒネでコントロールできない疼痛は、向精神薬を併用しても軽減することはない
薬剤師国家試験 88 235

抗悪性腫瘍薬は、一般に増殖速度が速い腫瘍に効果的に作用する。
薬剤師国家試験 90 205薬剤師国家試験 84 206

慢性骨髄性白血病CML)の)慢性期には、腫瘍細胞の増殖抑制作用および腫瘍細胞に対する細胞傷害性を高める作用のあるインターフェロンアルファによる治療が行われる
薬剤師国家試験 88 201

酢酸クロルマジノンは、前立腺肥大抑制作用及びアンドロゲン依存腫瘍増殖抑制作用を有する。
薬剤師国家試験 89 141

その他は下記リンク先へ

がんがん患者腫瘍悪性腫瘍抗悪性腫瘍薬



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-17 (木) 13:49:09 (2991d)