血液生化学的検査

出題例

血清トランスアミナーゼのうち、ALTGPT)はASTGOT)よりも急性肝疾患の診断的価値が高い。
乳酸脱水素酵素LDH)は、心筋に高濃度で存在するので、急性心筋梗塞特異的なマーカーとなる。
アルカリホスファターゼALP)は、前立腺で活性が高いため、前立腺の腫瘍マーカー胆道胆管疾患疾患指標として用いられる。
クレアチンキナーゼCK)は、主として骨格筋心筋及びに存在するため、それらの組織障害が生じると血清濃度が上昇する。
血清コリンエステラーゼChE)の活性測定は、農薬有機リンなど)やサリン中毒の際に診断的価値がある。
薬剤師国家試験 87 188

その他の例は下記リンク先へ

血液生化学検査値



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-19 (月) 15:59:42 (5000d)