組国 a午後 ◎ 指示があるまで開かないこと。. (平成l6年2月24目 l3時30分~14時30分) 注 意 事 項 1. 試験問題の数は30問で解答時間は正味1時間である。 2. 試験問題の持帰りを認めない。 3. 解答方法は次のとおりである。 (1)各問題には1から4までの四つの答えがあるので、 そのうち質問に適した答 えを一つ選び、 次の例にならって答集用紙に記入すること。 (例) [問題101〕 県庁所在地はどれか。 .1.栃木市 2.川崎市 3.神戸市 4.倉敷市 正解は「3」であるから答案用紙の 101 ´↓(j)のうちをマークして 101 ´0い箸垢譴个茲ぁ (2) 答集の作成にはHBの鉛筆を使用し、 濃くマークすること。 良い解答の例……0(濃くマークすること。) 惡い解答の例……C) e(解答したことにならない。) (3) 答えを修正した場合は、 必ず「消しゴム」であとが残らないように完全に消すこと。 鉛筆の色が残ったり「解」のような消し方などをした場合は、 修正したことにならないので注意すること。 (4) 1問に二つ以上解答した場合は誤りとする。 (5) 答案用紙は折り曲げたりメモやチェック等で汚したりしないよう特に注意すること。 . ◇M4(173-77) 次の文を読み〔問題1〕、 〔問題2〕、 〔問題3〕に答えよ。 32歳の女性。 27歳で結婚。 夫婦で自営業を営んでいる。.結娼1後3年は仕事のために避妊をしていた。 その後避妊を止め、 基礎体温をとり始めたが妊振しないので夫婦で受診した。 [問題 1〕 図は最近の基礎体温表である。 正しいのはどれか。 1. 月経持続日数は長い。 2.高温相の持続は短い。 3.二相性ではない。 4.月経周期が長い。 図 基礎体温表 1_ ◇M4(173-78) 〔問題 2〕 排卵の有無を確認することになった。 検査で適切なのはどれか。 1.超音波斷眉法 2.頸管粘液検査 3.子宮内膜診 4. 血中プロゲステロン値の測定 [問題 3〕 精液の検査が実施され、精子数は16X106/mi、這動率50%、奇形率 30%であった。 泌尿器科を受診1;,たが精液所見の改善は望めないと説明された。 夫婦に:動める治療で適切なのはどれか。 1.通水療法 2.卵管形成術 3. ドナー精子を用いた生殖補助医療 4. 夫の精子を用いた生殖補助医療 2 ◇M4(173-79) 次の文を読み〔問題4〕、 〔問題5〕、 〔問題6〕に答えよ。 ・ 88歳の初産婦。 専業主婦。 妊振33週より下肢の浮腫があり、 自宅での安静を指示されていた。 妊娠40週2日に3,080 gの女児を正常分娩し出血量は570 gであった。 夫は35歳の会社員で、 分娩に立ち会い、 子どもの誕生をとても喜んでいる。 産得4日。子宮底長10 cm。下腹部の自発痛はなく、圧清は軽度である。悪露は掲色である。体温36.6℃、血圧128/88mmHg、:Eib104g/di、尿蛋自(-)、尿糖(-)、.下肢に軽度の浮腫を認める。 昨日の乳汁分泌量の合計は64 mi、 本日は10~ 15 rn1/回であった。 この病院は母子同室制である。 ⊠婦は「この子はよく泣くので、疲れてしまった。 私は何とか授乳の合間には眠れるが、 このままでは中毒症になってしまう」と言っている。 ・ 〔問題 4〕 産海4日の判断で適切なのはどれか。 1.子宮復古が遅れている。 2. 子宮内の感染症が疑われる。 3.気分障害である。 4. 乳汁分泌不足である。 〔問題 5〕 産褥4日の海婦への対応で道切なのはどれか。 1. 24時間の尿量測定を実施する。 2. 母親が希望したときには児を預かる。 3. 夜間は母乳を中止する。 4. 母親による沐浴の実施を動める。 3- ◇M4(l73-80) 〔問題 6〕 産褥6日。明目の退院が決まった。退院後は自宅へ戻り、夫婦で育児を 行う予定である。 夫はできるだけ協力したいと言っており、 退院後の生活について質問してきた。 夫婦への退院指導で道切なのはどれか。 1. 「おむつ交換はお母さんに任せましょう。」 2. 「1か月健診まで腹筋運動を積極的に続けるよう応接しましょう。」 3. 「食事には特に肉、色、、豆、緑責色野菜を取り入れましょう。」 4. 「お母さんが水分を控えられるようお父さんが注意しましょう。」 4 ◇M4(l73-81) 次の文を読み〔問題「〕、〔問題8〕、〔問題9〕に答えよ。 . A女子高校の保健室では夏休み後に「友達が選:振した」、 「中絶について教えて欲しい」、 「性感染症が恐い」など性に関する相談がここ数年増加してきた。 A女子高校では学外の専門職による指導が企画され、 B病院動産師にその依頼がきた。 そこでA女子高校の教員と相談しながら、 1年生を対象に、 夏休み前に3回の援業を立案した。 〔問題 7〕 初回は性感染症についての授業を行った。ある感染症は10代の女性に 急増しており、 女性は自覚症状が少なく、 将来不妊の原因にもなる。 この性感染症について適切なのはどれか。 1. 男性が感染すると包度に白いガスがたまる。 2. 予防にはピルの服用がよい。 3. 検査はE室分泌物を調べる。 4. 放置すると腹産内感染症の原因となる。 〔問題 8〕 2回目は「女性と人工妊娠中絶」をテーマに100分のピアグループによる 話し合いを実施することになった。 -

ピアとして適切なのはどれか。 

IA女子高校教員 . 2.A女子高校3年生 . 3.近購の助産師学生 4. B病院助産師 5- ◇M4(l73-82) 〔問題 9〕 3回目は1回目と2回目の両テーマの問題解決に向けて演習を企画した。 目標として適切なのはどれか。 1. コンドームが正しく使用できる。 2. 新リズム法を正しく実行できる。 3. バートナーに産外射精の方法を説明できる。 4. 低用量ピルを正しく服用できる。 ◇M4(l73-83) 次の文を読み〔問題10〕、 〔問題11〕、 [問題12〕に答えよ。 32歳の経産婦。 身長158cm、 非妊時体重75 kg。 双胎と診断された。 妊娠20週の体重79kg、 血圧145/74mmHg、 尿蛋白(-)、 尿糖(3十)であった。 内診および超音波検査によって子宮および胎児に異常がないことを確認した。 1週後の再検査でも尿糖(3十)であったe 〔問題 10〕 この妊婦に対する検査で優先度が高いのはどれか。 1.空腹時血糖 2. 75gブドウ糖負荷試験3.HbAlc 4.尿糖定量 〔問題 11〕 この妊婦に対する生活指導で適切なのはどれか。 a. 脈拍数80/分になる程度の散歩を勧める。 b. 規則正しい生活をするよう動める。 c外陰部を清潔に保つよう説明する。 d 尿量が1,000 mi/日以下になるように水分を制限する。 1. a、 b 2. a、 d



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-04 (土) 16:02:25 (3364d)