薬剤師国家試験 第84回 第204問

緑内障とその治療に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 眼圧上昇を主徴とする緑内障では、眼圧の著明な上昇が持続すれば視神経網膜接合部視神経萎縮させ、失明をまねく
b 治療薬として、副交感神経作動薬、抗コリンエステラーゼアドレナリンβ遮断薬交感神経作動薬炭酸脱水酵素阻害薬が単独又は併用で用いられる
c カルバコール眼圧降下作用は主に房水流出改善によるもので、眼圧コントロールに用いられる
d 作用持続の長い抗コリンエステラーゼ薬ヨウ化エコチオパートは、ときに白内障を生じることがある
e マレイン酸チモロールは、房水産生量を著明に低下させるが、まれに血圧上昇を示す

    a b c d e
  1 正 正 誤 正 正
  2 誤 誤 正 誤 誤
  3 正 誤 正 誤 誤
  4 正 正 正 正 誤
  5 誤 正 誤 正 正



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-22 (木) 08:49:34 (4894d)