薬剤師国家試験 第86回 第135問

消化器機能障害に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a クエン酸モサプリドは、消化管内在神経叢セロトニン5-HT4受容体刺激して、アセチルコリン遊離抑制促進して消化管機能低下活性化させる。
b ドンペリドンは、中枢性ドパミンD2受容体遮断作用により、上部消化管機能調整制吐作用を示す
c 塩酸ロペラミドは、腸管コリン作動性神経機能低下させて、ぜん動運動を抑える
d 酸化マグネシウムは、腸管炭酸水素マグネシウムになり、腸内浸透圧を高めてぜん動運動促進する
e センノシドは、小腸吸収されて肝臓薬物代謝酵素大腸で腸内細菌叢によりレインアンスロン代謝され、大腸ぜん動運動亢進する。

  1(a,b) 2(a,e) 3(b,d) 4(c,d) 5(c,e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-25 (日) 04:04:20 (5204d)