薬剤師国家試験 第87回 第127問

塩化ツボクラリン作用に関する記述のうち,正しいものの組合せはどれか。

a 神経刺激により生じる神経筋接合部終板電位の大きさに影響しないする。
b 副交感神経平滑筋との間のシナプス伝達特異的遮断するしない。
c コリンエステラーゼ阻害薬との併用により,筋弛緩作用減弱する。
d 骨格筋細胞脱分極させずに骨格筋弛緩させる。

  1(a,b) 2(a,c) 3(a,d) 4(b,c) 5(c,d)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-22 (木) 08:55:24 (5275d)