薬剤師国家試験 第87回 第145問

炎症及び抗炎症薬に関する記述の正誤について,正しい組合せはどれか。

a 炎症部位遊離されるインターロイキン-1IL-1)や腫瘍壊死因子TNF)は,全身発熱を引き起こす
b 構成型シクロオキシゲナーゼCOX-1)の阻害により,粘膜障害腎機能障害が起こる
c エトドラクは,誘導型シクロオキシゲナーゼCOX-2)を比較的選択的に阻害する
d インドメタシンは,ヒスタミンH1受容体非選択的なシクロオキシゲナーゼ阻害遮断作用により鎮痛や抗炎症作用を示す。
e アスピリンは,構成・誘導型両方のシクロオキシゲナーゼアセチル化して不可逆的阻害する

 a b c d e
1 正 正 正 誤 正
2 正 正 誤 正 正
3 正 誤 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 正 誤
5 誤 誤 誤 誤 正



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-29 (木) 11:50:54 (4960d)