薬剤師国家試験 第87回 第222問

倍散(例えば10%散剤)の調製に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 倍散調製上、最も注意すべきは、主薬賦形剤中に均等混和することであり、この点で結晶性乳糖最適賦形剤といえ
b 薬用量の少ない医薬品倍散として予製しておくと、調剤の際、精度の粗い上皿天秤で迅速、正確に秤量できる
c 毒薬赤色青色、劇薬青色赤色の色素で着色する。
d リン酸コデインの1%散剤(10 mg/g)は法律上、麻薬ではない
e 10%散剤として使用するものに、アヘン末、塩酸コカインジギトキシン塩酸エフェドリンなどがある。

1(a、c)  2(a、e)  3(b、c)  4(b、d)  5(c、e)  6(d、e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-29 (木) 09:51:54 (4989d)