子宮作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a オキシトシンは、陣痛誘発分娩促進目的で用いられる
b ジノプロストプロスタグランジンF2α)は、持続的に子宮筋緊張を高めるので、陣痛誘発には使えない
c マレイン酸エルゴメトリンは、速効的な子宮収縮作用を有し、弛緩子宮出血に対して用いられる
d 塩酸ピペリドレートは、ムスカリン受容体刺激作用を有し、切迫流・早産防止に用いられる
e 塩酸リトドリン子宮平滑筋弛緩作用は、アドレナリンβ2受容体刺激による

1 (a、b、c)  2 (a、b、d)  3 (a、c、e)  4 (b、d、e)  5 (c、d、e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-24 (月) 11:36:48 (5428d)