血液凝固に影響を与える薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a アルテプラーゼは、プラスミノーゲンプラスミンに変換し、血栓溶解する
b ヘパリンナトリウムは、アンチトロンビンIII特異的拮抗することにより、血液凝固阻止作用を示す
c イコサペント酸エチルは、トロンボキサンA2受容体特異的遮断することにより、血小板凝集を抑制する
d 塩酸サルポグレラートは、セロトニン5-HT2受容体遮断することにより、血小板凝集抑制する
e トラネキサム酸は、プラスミンによるフィブリン分解を阻害することにより、線溶系を抑制する

  1 (a、b、c)  2 (a、c、d)  3 (a、d、e)
  4 (b、c、e)  5 (b、d、e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-24 (月) 11:46:42 (5428d)