緑内障治療薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a イソプロピルウノプロストン点眼剤は、気管支ぜん息心疾患を併発している患者に対しても使用できる
b マレイン酸チモロールの点眼は、瞳孔径や焦点調節に影響を与えない
c カルバコールを点眼すると、まぶしさを訴えることがある
d ラタノプロストは、アドレナリンβ2受容体遮断作用によって眼圧を低下させる
e アセタゾラミド内服するときは、L-アスパラギン酸カリウムを併用してはいけない

  1 (a、b)  2 (a、c)  3 (b、e)  4 (c、d)  5 (d、e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-24 (月) 11:48:06 (5473d)