薬剤師国家試験 第89回 第160問

薬物体内動態とその変動要因に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 妊娠中は血清アルブミン量の減少により、サリチル酸タンパク結合率が減少することがある。
b アルデヒド脱水素酵素多型は、顔面紅潮悪心嘔吐などのアルコール感受性の個体差の原因となる。
c 高齢者では血流量が減少するので、アミノグリコシド系抗生物質半減期は減少する傾向にある
d N-アセチル転移酵素には多型が存在し、イソニアジドアセチル化の遅い群の頻度日本人では約9010〜15%である。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d)  5(c、d)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-19 (月) 17:14:44 (4918d)