子宮癌に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 子宮癌発生部位によって、子宮頸癌子宮体癌子宮内膜癌)とに分類されるが、子宮体癌がそのほとんどを占める
b 子宮頸癌の多くは、病理組織学的扁平上皮癌である
c エストロゲンは、子宮体癌リスク因子である
d 子宮体癌ホルモン療法には、酢酸メドロキシプロゲステロンを用いることがある
e 子宮頸癌は、子宮体癌より放射線感受性が低い

1(a、b、c)  2(a、c、e)  3(a、d、e)  4(b、c、d)  5(b、d、e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-20 (木) 17:31:58 (4960d)