次の処方せんに基づいて水剤調剤を行った。ただし、それぞれの用量適正であり、配合変化はないものとする。

 A 硫酸サルブタモール 4.4 mg
 B 塩酸ブロムヘキシン 10.0 mg
 C ヒベンズ酸チペピジン 50.0 mg
 D 単シロップ ad lib.
    1日3回毎食後服用 3日分

処方せん中のA、B、及びCは、それぞれ0.04%、0.2%、0.5%のシロップ剤である。これらを処方どおり秤取し、1回服用量10 mLになるようにDを加えた。次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a Aはアドレナリンβ2受容体刺激薬である。
b Bは気管支拡張薬である。
c Cを50 mL秤量し、調剤した。
d 単シロップを12 mL秤量し、調剤した。
e この水剤服用すると、赤味がかった着色尿がみられることがあることを薬札(ラベル)に記載した。

 a b c d e
1 誤 誤 正 正 正
2 正 誤 誤 正 誤
3 誤 正 正 誤 正
4 正 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 正 正



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-20 (木) 15:57:00 (5432d)