薬剤師国家試験 第90回 第126問

オピオイド受容体作用する薬物に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a クエン酸フェンタニル合成麻薬であり、μ受容体を刺激し、鎮痛効果モルヒネよりも強い
b 塩酸ナロキソンは、オピオイド受容体特異的遮断するため、急性モルヒネ中毒治療に用いられる
c 塩酸ペチジン麻薬指定されていない鎮痛薬で、中枢神経興奮作用がある
d ペンタゾシンは、κ受容体刺激作用と弱いμ受容体遮断作用を有する鎮痛薬である
e 塩酸モルヒネは、第III脳神経核(動眼神経核)に作用して散瞳をきたし、化学受容器引金帯直接刺激するために、悪心嘔吐を生じる

  a b c d e
1 誤 正 誤 正 正
2 正 誤 誤 正 誤
3 誤 正 正 誤 誤
4 正 正 誤 正 誤
5 誤 誤 正 誤 正



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-05 (土) 12:21:24 (4576d)