薬剤師国家試験 第90回 第129問

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a アスピリン解熱作用が強いが、重大副作用ぜん息発作誘発がある
b メフェナム酸鎮痛作用が強く、分娩疼痛歯痛などに用いられる
c ロキソプロフェンナトリウムは、生体内で活性代謝物変換されて抗炎症作用を発揮する
d インドメタシンによる粘膜損傷主因は、シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)の阻害である。
e ジクロフェナクナトリウム坐剤で用いると、経口投与の場合よりも、肝臓における初回通過効果を受けやすくなるない。

1(a、b、c)  2(a、b、e)  3(a、d、e)  4(b、c、d)  5(c、d、e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-19 (月) 17:34:24 (4807d)