薬剤師国家試験 第90回 第218問

薬物相互作用に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a アロプリノールは、メルカプトプリン代謝を抑制してその血中濃度を上昇させ、骨髄抑制作用を増強することがある
b 塩酸ミノサイクリンは、ケイ酸マグネシウムキレートを作るが、他の金属カチオン含有制酸薬とは併用してさしつかえない
c リトナビルは、エスタゾラム代謝阻害血中濃度を上昇させ、呼吸抑制を起こすことがある
d セイヨウオトギリソウは、CYP3A4誘導し、タクロリムス水和物シクロスポリンの血中濃度を低下させることがある
e メロペネム三水和物は、フェニトインの代謝を促進して血中濃度を低下させ、痙れん発作を誘発させることがある

 a b c d e
1 正 誤 誤 正 正
2 正 誤 正 正 誤 
3 誤 正 正 誤 正
4 正 正 誤 正 誤
5 誤 誤 正 誤 正 



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-06-20 (火) 12:39:12 (4903d)