薬剤師国家試験 92 048

問48 筋肉・骨格系に関する記述のうち、 正しいものの組合せはどれか。

a 骨格筋、 心筋及び平滑筋収縮はいずれも、 細胞質内のCa2+濃度変化によって制御される。
b 骨格筋において、 細胞膜の興奮はIP3(イノシトール1,4,5-トリスリン酸)によって筋小胞体に伝えられ、 Ca2+の遊離が起こる。
c 副甲状腺ホルモン(PTH)は、 骨芽細胞による骨形成を促し、 血漿のca2+濃度を下げる。
d カルシトニンは、 破骨細胞による骨吸収を抑制し、 血漿Ca2+濃度を下げる。

1 (a、 b) 4 (b、 c)
2 (a、 c) 5 (b、 d)
3 (a、 d) 6 (c、 d)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-11 (火) 10:57:49 (3302d)