薬剤師国家試験 92 103

問103 医薬分業に関する記述のうち、 正しいものはどれか。

1 平成16年度のいわゆる医薬分業率は、すべての都道府県で50%を超えている。
2 院外処方率は、診療所の方が病院よりも高い。
3 病院からの院外処方せんの発行を促した一因として、 診療報酬点数表における薬剤管理指導料の点数の段階的引き上げが挙げられる。
4 医薬分業推進のため、 薬局が医療機関を経営することは望ましい。
5 調剤報酬点数表には、 「かかりつけ薬局加算」がある。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-11 (火) 11:26:06 (2867d)