薬剤師国家試験 92 183

問183 高脂血症とその治療に関する記述のうち、 正しいものの組合せはどれか。

a 血清総コレステロール値、 血清トリグリセリド値のうち少なくとも一つが基準値以上の場合には、 高脂血症と診断される。
b 高脂血症と診断された場合には、 薬物療法が第一選択となる
c アキレス腱の黄色腫は、 家族性高コレステロール血症の診断上、 重要な所見である。
d 高脂血症治療の目的は、 動脈硬化症の予防である。
e 重篤な高脂血症患者の治療には、シンバスタチンとべザフィブラートとの併用が推奨される

1 (a、 b、 c) 2 (a、 b、 e) 3 (a、 c、 d)
4 (b、 d、 e) 5 (c、 d、 e)

日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版」からは総コレステロール診断基準から外している。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-22 (火) 17:53:56 (2914d)