薬剤師国家試験 95 131

問131 非ステロイド性抗炎症薬に関する記述のうち、 正しいものの組合せはどれか。

a アスピリンは、 シクロオキシゲナーゼ(COX)のセリン残基をメチル化アセチル化し、酵素活性不可逆的阻害する。
b インドメタシンは、COX-1を阻害し、胃粘膜障害を起こしやすい。
c スリンダクは、 体内で活性型変換されて抗炎症作用を示す。
d セレコキシブは、 COX-2と比較してCOX-1に対する阻害作用が強いため、 胃粘膜障害を起こしやすい
e チアラミドは、COXを強く阻害し、鎮痛作用炎症作用を示す

1 (a、 b) 2 (a、 e) 3 (b、 c) 4 (c、 d) 5 (d、 e)



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-25 (水) 12:04:12 (2762d)