N-アセチル転移酵素

ほ乳類では、NAT-1とNAT-2、二つのアセチル化酵素があるとされる。
ヒトではNAT-2で遺伝的多型があり、イソニアジド等の代謝が著しく遅い場合がある。
白色人種のおよそ50%、黄色人種のおよそ10〜15%が該当するとされる。

出題例

N-アセチル転移酵素には多型が存在し、イソニアジドアセチル化の遅い群の頻度日本人では約9010〜15%である。
薬剤師国家試験 89 160

イソニアジドslow acetylator群では、rapid acetylator群に比べてN-アセチルイソニアジド生成率が増大低下する。
薬剤師国家試験 90 160



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-08 (月) 10:50:40 (3315d)