*薬剤師国家試験 94 137 [#td150595]

#setlinebreak(on)

問137 消化管運動に作用する薬物に関する記述のうち、 正しいものの組合せはどれか。

a メトクロプラミドは、胃・十二指腸のドパミンD2受容体を刺激し、消化管運動を促進する。
a %%メトクロプラミドは、胃・十二指腸のドパミンD2受容体を刺激し、消化管運動を促進する%%。
b モサプリドは、消化管のセロトニン5-HT4受容体を期激し、アセチルコリン遊離の畭腓魏陲靴鴇嘆輯姫親阿鯊タ覆垢襦
c ブチルスコポラミンは、三級アミンの抗コリン薬であり、消化管運動を抑制する。
d 硫酸マグネシウムは.腸管内に水分を保持し、水様使を排出させる。
c %%ブチルスコポラミンは、三級アミンの抗コリン薬であり、消化管運動を抑制する%%。
d [[硫酸マグネシウム]]は.[[腸管]]内に[[水分]]を[[保持]]し、[[水様便]]を[[排出]]させる。
e ヒマシ油は、腸内でリシノール酸とグリセリンに加水分解され、 リシノール酸が小腸を刺激して瀉下作用を示す。 

1 (a、 b、 c) 4 (b、 d、 e) 
2 (a、 b, e) 5 (c、 d、 e) 
3 (a、 c、 d)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS