*薬剤師国家試験 95 136 [#p1828fb0]

#setlinebreak(on)
問136 気管支ぜん息に用いる薬物に関する記述の正誤について、 正しし1組合せはどれか。 

a サルブタモールは、アドレナリンβ2受容体を刺激し、 気管支平滑筋を弛緩させる。
b アミノフィリンは、アデニル酸シクラーゼの活性化によりサイクリックAMP(cAMP)を増加させ、気管支平滑筋を弛緩させる。
C モンテルカストは、 リポキシゲナーゼを阻害し、気管支ぜん息発作を寛解する。 
C [[モンテルカスト]]は、 [[ロイコトリエン]]受容体遮断薬であり%%[[リポキシゲナーゼ]]を[[阻害]]し%%、[[気管支ぜん息]][[発作]]を[[寛解]]する。 
d オザグレルは、 トロンボキサン合成酵素を阻害し、.気道過敏性を抑制する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS